読書「宿澤広朗 運を支配した男」加藤 仁著


ラグビーの選手・監督だけでなく、ビジネスマンとしても素晴らしい功績を挙げた宿澤広朗さんのことを書かれた本です。


ラグビーをやられている方は、ビジネス界でも活躍される人が多いと感じています。


本の中から特に感銘を受けた言葉を紹介します。


「絶対に勝て」とか「死ぬ気でがんばれ」とか言うのは比較的やさしいことである。また、そのような言葉で選手の気力を向上させることも容易な場合がある。

しかし本当に必要なことは"絶対に勝て"ということより"どうやって"勝つのかを考え指導することであり"がんばれ"というなら"どこでどのように"具体的にかつ理論的に"がんばる"のかを指示することではないだろうか。


上記の言葉は、まさにその通りと思います。

自分自身の中でも心掛けていきたいと思います。